更新履歴
お腹が大きい男性

肥満はただ見た目がかっこ悪いとか、お気に入りの洋服を着ることができない、いうだけの問題だけではありません。
実は、肥満が原因で様々な病気を引き起こすことがあります。

肥満が原因で引き起こされる病気の一つが糖尿病です。
糖尿病にかかると、ちょっと動いただけでも疲れやすくなったり、身体がむくんだり立ちくらみといった症状を引き起こします。
さらに、糖尿病がどんどん悪化すると、失明や手足の壊死を引き起こすこともありますのでとても恐ろしい病気です。
最悪の場合、死の危険もあります。

もし、いつも以上にお水を大量に飲む、トイレに行く回数がかなり増えてきた、急激な視力低下、といった症状があらわられたなら、糖尿病の危険がありますので早めに専門家を受診しましょう。
肥満によって引き起こされる別の病気は、脂肪肝です。
肝臓にはもともと5パーセントほどの中性脂肪が蓄えられています。
しかし、アルコールの飲みすぎや脂肪分や糖分を多く取り入れ続けるなら、中性脂肪がどんどんと増え続けていきます。
中性脂肪が30パーセントを超えると、自分で何とかできる範囲を超えていますので、専門病院での治療が必要となります。
治療には、時間もお金もかかりますし、精神的にも大変ですのでアルコールの飲みすぎや、脂肪分や糖分を多く含む食事を控えるようにしましょう。

肥満が原因でかかる病気は、ほかにも、動脈硬化、高血圧、変形性膝関節症などがあります。
肥満は、遺伝という場合がありますが、しかしカロリーの取りすぎ、運動不足、生活習慣の乱れ、アルコールの取りすぎ、ストレス、といったことが原因です。
それで、肥満傾向の方は食生活に十分気を付けて生活を見直すようにしましょう。

サイト内検索